今更ながら『Kindle Paperwhite(第2世代)』開封レビュー - (旧)2階からMac FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら『Kindle Paperwhite(第2世代)』開封レビュー

読書って楽しいですね。
その媒体が、紙で有れ、電子書籍であれ、読むことで知識の果実を少しだけかじって〜偉くなったつもりw
感動や共感、そして意欲を与えてくれる(たまに沼底へ沈み込む小説も有りますがw)読書は楽しいです。

な、今日は、2014年7月24日(木)です。

今更ながら『Kindle Paperwhite(第2世代)』開封レビュー


そんな40過ぎて読書大好きな〜本屋さんのインクの匂いも大好き(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾ な、ロボくまですが
紙の媒体を裏切って、「Kindle Paperwhite」を購入しました。
購入した理由は、「安かったので買った!」です。何故かAmazonさんから2000円引きのクーポンがメールで送られてきて、かつ、Amazonのポイントが2000円分有りました。
つまり・・・4000円引きで「Kindle Paperwhite」が買える(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
iPad mini Retinaが有るのに・・・裏切りモノです( ー`дー´)キリッ

紙の本は場所を取る・・・読まずに積み重なるw。
モノを減らすにも電子書籍が良いのでしょうか?
でも、サービスが終了したら見られなくなるんですよね?
リアルな本は古本として売ることが出来るが、電子書籍は出来ない。
と、色々と不安も有りますが、やはり小さな端末で沢山の本が読めるのは魅力。


『Kindle Paperwhite』の箱です。まさにモノリス!黒い箱。
IMG_2087_20140428_194222.jpg

IMG_2088_20140428_194237.jpg

IMG_2089_20140428_194249.jpg
上に「Amazon」、横に「Kindle Paperwhite」と薄ら見えます。
ただそれだけのシンプルな黒い箱(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
なかなかオシャレです。
しかも、この黒い箱のまま届くのです。ダンボールに入ってません。
この黒箱に住所の張り紙が付いて〜そのまま宅急便で届きます。


裏。よく見えませんが、良く有る商品の説明が書かれてます。
IMG_2090_20140428_194306.jpg
ここまで、読みにくくして良いのかw。黒い箱。デザイン重視ですねw。



開封の儀・・・なんとも雑にバリバリと剥がします(^^;)
IMG_2091_20140428_194352.jpg
もっと丁寧に開けようとしましたが、失敗w。仕方無い、不器用なので。


黒い箱を開けると〜黒い板。
IMG_2092_20140428_194426.jpg
中身の構成もシンプル。『Kindle Paperwhite』がどん!
取説が箱の蓋。
『Kindle Paperwhite』の下にUSBケーブル。


中身全てです。『Kindle Paperwhite』『USBケーブル』『取説』
IMG_2094_20140428_194548.jpg


各言語で使い方の説明。1ページだけのシンプルな説明文。
IMG_2095_20140428_194640.jpg
『Kindle Paperwhite』をUSBに繋いで〜電源入れなさい。だけです(*`・ω・)ゞ


おお、しかし、これが噂の電子ペーパー! 電源OFFなのに画面は表示してます。
IMG_2096_20140428_194803.jpg


で、充電もせずに、早速電源ONw。起動開始しました。
IMG_2098_20140428_194839.jpg
よく見るKindleの画面。そして、ロード中のくるくる。


先ずは、言語設定。日本語を選びましょう。
IMG_2100_20140428_194854.jpg



すると、初期設定の為の読み込みが開始。
IMG_2101_20140428_194905.jpg

少し、待ちます。
IMG_2102_20140428_194911.jpg


おお、なんか知らんが突然説明が始まった(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾ はじめましょう!
IMG_2104_20140428_194947.jpg
「はじめましょう」をスライド。なんだか、iPadの操作気分です。
実は少し違う、もたつきも有るのですがねw。


Wi-Fi版なので、やはりWi-Fiの設定の開始です。コレしないと使えない(当然)。
IMG_2105_20140428_195006.jpg
Wi-Fiに接続をタップします。


今、Wi-Fiを検索して・・・あれ? うちのWi-Fiが出てこないw
IMG_2106_20140428_195026a.jpg
何故か、一番電波が強いはずの家のWi-Fiが出てこないw。
う〜ん、よるあるご愛敬。
再スキャン実施で出てきました(●°ᆺ°●)


Wi-Fiのパスワードを入力。
IMG_2107_20140428_195219.jpg
「AOSS
」や「らくらく無線スタート」には当然対応していないので手動でのパスワード入力です。


Amazonに接続しています・・・ わくわくw
IMG_2108_20140428_195354.jpg



接続完了! おろ! イキナリ私の名前が表示されているΣ(゜д゜
IMG_2109_20140428_195412a.jpg
購入した『Kindle Paperwhite』には既に購入者の情報が登録されているようです。
Wi-Fiさえ繋げば、既にアカウント登録済みです。


設定を続けて、SNSとのリンクを聞いてきます。
IMG_2111_20140428_195503.jpg
SNSとリンクして「読了」など共有が出来る様です。
でも、その設定は後でも出来るので今は「後で接続」で飛ばします。


これで全ての設定完了。


ここからは
『Kindle Paperwhite』の使い方の説明が永遠とつづきます・・・| ´・艸・)アラヤダ‼

IMG_2112_20140428_195521.jpg

IMG_2113_20140428_195547.jpg

IMG_2114_20140428_195555.jpg

IMG_2115_20140428_195603.jpg

IMG_2116_20140428_195610.jpg

IMG_2117_20140428_195616.jpg

IMG_2118_20140428_195623.jpg

IMG_2119_20140428_195631.jpg

IMG_2120_20140428_195642.jpg

IMG_2121_20140428_195659.jpg

IMG_2122_20140428_195708.jpg

IMG_2123_20140428_195716.jpg

IMG_2124_20140428_195723.jpg
iOS版とは少し操作方法が違います。メニューの出し方など。
本を読む基本操作は同じです。
一番の違いは、『Kindle Paperwhite』で本が買えること。1タップで即買い出来ます(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
簡単過ぎて・・・買いすぎるw。


初期画面。左上には私の名前が出てますw。少しコレは恥ずかしい( ´艸`)
IMG_2125_20140428_195732.jpg
ココの名前表示は設定で変更出来ます。
購入時はフルネームを設定されているので、セキュリティの意味も含めて変更しましょう。




購読済みの本をクラウドで表示。
IMG_2126_20140428_195808_2014072111345312a.jpg
今まで購入した本の情報がクラウド上で出てきます。iOS版と同じです。
読みたい本を選ぶと、ダウンロードが開始されて『Kindle Paperwhite』に保存されます。

『Kindle Paperwhite(第2世代)』は内蔵メモリが4GBと前世代の2倍。
漫画などの画像は容量食いそうで何冊も保存はキツイかも。
通常の文字の書籍なら結構保存出来そうです。


しかし、薄い。軽い。本当に黒い板です。モノリスです( ー`дー´)キリッ
IMG_2128_20140428_200031.jpg
軽く、手に持った感じもマッドな質感が良く滑りにくい。
スピーカーもイヤホンジャックも無い。
本当に「本を読む為」だけの端末です!!
なかなか気に入りました。




左が『iPad mini Retina』、右が『Kindle Paperwhite』です。
P7210014.jpg
7.9インチと6インチの違い。『Kindle Paperwhite』が本当に小さく見えます。本当に小さいです。

『Kindle Paperwhite』の電子ペーパーの面白いところ!
電源を毎回切ると、毎回違う壁紙がランダムで表示されます。
「え、画面が黒くならないの?」 コレスゴい!これでバッテリーが約8週間持つとは!ビックリ!!






さて、恒例の重さを比べて見よう〜デジタル測定。




『iPad mini Retina』 339g。
P7210023.jpg


『Kindle Paperwhite』 207g。 本当に軽いよ(゜Д゜)
P7210024.jpg
100g以上の差はやはり、寝ながら読書での腕への負担はスゴく軽減されます。
寝落ちで、顔面直撃も『Kindle Paperwhite』は気にならない・・・そのまま寝てしまいますw。
『iPad mini Retina』では、あの細い角で・・・角で・・・顔面を強打です。iPad3世代の時代は地獄でしたw。


【本日のまとめ】
 4月の末にゴールデンウィークの読書用に購入した『Kindle Paperwhite』。
 今頃のレビューで申し訳有りません<(_ _)>。

 【感想】
   ・良い点:軽い。
        文字もスゴく読みやすい。暗闇の寝ながら読書でも目が痛くない。
        ワンタッチで電子書籍が購入出来る。


   ・悪い点:たまに動作が遅くなる。
        文字書籍以外の漫画、写真などを表示する時は、1度「ブラックアウト」の様に画面が
        一瞬ちらつく。当然動作が遅くなる。画像系には不向き。
        (でも、漫画も普通に読めるレベルの画質)
        漫画、写真などは拡大出来ない(一部タップで大きくはなるが・・・使い物にならない)。

   



  と、言った所です。
  私はプライム会員なので、「月1冊、プライム電子書籍が無料でレンタル」出来ます。
  これは嬉しい特典。あくまでも月1冊のレンタルなので新しい書籍をダウンロードすると前の書籍は消えます。

  iPad発売時には「え、何、この白黒のタブレット!本読むだけの端末?そんなの必要なの??」
  と、思っていました。
  実際使用して、文書の書籍をよむならiPadより見やすい、疲れない。何よりも軽くてシンプル。
  漫画やカラー写真の書籍以外は『Kindle Paperwhite』以外で読むなんて考えられなくなってしまいました。
  今では、毎日、安売り書籍や無料書籍を見つけては購入。
  読みたい本で直ぐに読みたい!!場合は(近くの本屋さんに無い場合が多い)即買いです。
  ・・・そして、未読の本が、電子書籍でも増える〜ここ最近です(*`・ω・)ゞ
  コマッタ!もっと読書の時間が欲しいw。




それでは(^_^)/


スポンサーサイト

テーマ : KINDLE(キンドル)と電子書籍
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ロボくま

Author:ロボくま


はじめまして。

ロボくま です。

Twitter : @robo_kuma

ブログ初心者です。?
(3年目頑張ってます)
Photoshop、
HTMLとCSSの勉強も含め始めました。

・新しい物好き
・特にアップル製品
・読書(いろいろ)
・中1、小5男子の父親
 です。
 次男がサッカークラブ
 に入って頑張ってます!

私の無駄遣い
(嫁には内緒よw)
日常の日記を書いてます。
よろしければご覧ください

使用機種

・Mac mini Corei7
 2.7GHz(Mid 2011)

・MacBook Pro Retina
  Core i7 2.6GHz
 (15inch,Mid 2012)

・GALAXY S Ⅲ 白(停止)
・iPhone 5s 16GB スペースグレイ
・iPhone 4s 64GB 白
・iPhone3GS 32GB 白(停止)
・iPhone3G 32GB 黒(停止)

・iPad mini Retina 64GB くろ
・iPad 初代黒64GB(子供へ)

・AppleTV(3Generation)

・iPodClassic120GB黒

・カメラ
 OLYMPUS OM-D E-M5
OLYMPUS PEN mini E-PM1
 
嫁さん使用中

・MacBookPro
 (15inch,Late2008)
*Boot CampにてWin7
がHDD故障で、私の元へ戻るw
・LenovoノートPC使用中
・iPhone 5s 黒32GB


長男くん使用中

・iPhone 4s 黒32GB

無駄遣いカウンタ〜♪
ブログで紹介した
無駄遣いの件数

嫁に
1.バレていない 14件
2.白状した    4件
3.承諾      8件
4.バレた(TдT)   1件

無駄遣い合計♪  27件

2012/07/08 現在

*後日、再集計します
<(_ _)>
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お時間(♥ó㉨ò)ノ♡
Lc.ツリータグリスト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。